おだやかなくらし

親子3世代の暮らしと家計

手抜きごはん。昼ご飯はがんばらず、レトルト食品に頼っています。


スポンサーリンク

母と過ごす平日。

仕事を辞めて母が退院してからは、朝、夕に加えて昼ご飯も準備することになりました。


3食頑張って用意していた日々

母が退院してからしばらくは、朝昼夕の3回の食事を頑張って準備していました。

母が病気の後遺症で口の中に麻痺が残ったため、市販の食事だと硬かったり飲み込みづらいのではないかと心配だったのです。

働いていた頃は、昼の休憩時間がとても短かったためゆっくりと食べる時間がなく、すぐに食べられるおにぎりや、前日の残り物を詰めた簡単なお弁当などで済ませていました。

自分一人ならば適当なものでいいと思えるので、気楽に簡単なもので済ませられるのですが、誰かの分もとなると気持ち的にそうなれない自分がいます。

そんなわけのわからない使命感から、しばらくの間はがんばって3食用意していました。

毎日は大変に感じ、頑張らないことにした

なんとか頑張っていましたが、正直つらくなりました笑

365日ほとんど毎食食事を作っていることになるのですから。

土曜日は保育園に行かないので息子もいて、こどももみながら3人分作らねばなりません。
夕方にはへとへとで、夕食を作る気力なんてなくなります。

朝食、昼食と作ると、夕食はいつも作りたくない気持ちになってしまい、お惣菜に頼る日がとても増えてきて、手間がかかるもの、簡単につくれるものに関わらず、食事作りそのものが嫌になってきていました。

このままでは精神的にも家族の健康的にも経済的にも(重要)いけないなと感じて、昼ご飯はがんばらないことにしました。


レトルト食品や冷凍食品はリーズナブルでおいしい!

元々、レトルト食品や冷凍食品を使うことに抵抗はない方で、むしろ息子がもっと小さい頃からかなりお世話になっています。

でも市販の食品だと具材に物足りなさを感じたり、分量が足りなかったりするので、野菜や肉などを追加してかさましすることが多いです。

最近は簡単に作れて価格も安いのに、味も本格的でおいしいので本当にありがたいです。

最近頼っているものを少しだけ紹介します。

セブンイレブンのレトルトジャージャー麵の素は簡単

f:id:asuka-kurashi:20210709150540j:plain

セブンイレブンに売っているジャージャー麵の素。
メルカリで売れたものを発送するためセブンイレブンへ行ったとき、はじめて知りました。

これ以外にもいろいろな種類があってバリエーションが楽しめそうです。
これ1袋に小分けで2袋入っているので、母とのランチに丁度よく、値段もお手頃。

あたためずにそのままかけられるので、冷凍うどんを使えばレンジでうどんをあたためるだけで完成します。

f:id:asuka-kurashi:20210709150525j:plain


簡単だから「きゅうりくらい切るか」という気持ちにもなれるし、ピリ辛の味なのできゅうりのみずみずしさとシャキシャキ感がとても合います。

中華麵やそうめんでもおいしそうです。


コープのオムライスはこどもに好評

生協のオムライス。
これは主に息子のいる土曜日に登場します。

よくオムライスが食べたいと言われるのです。
突然言われると、作るのに結構時間がかかって大変なので冷凍庫に入れておくようになりました。

市販のお弁当だとデミグラスソースがかかっているものが多いのですが、息子はデミグラスが苦手なので、何もソースがかかっていないところも気に入っています。

ケチャップはいつも息子に好きにかけてもらってます。

f:id:asuka-kurashi:20210709150553j:plain


その他いろいろ

冷凍チャーハン。
チャーハンも息子の好物なので、土曜日にはよく作ります。

でも冷凍チャーハンの方が、自分の作ったものよりもだんぜんおいしいです。
あたためるだけで本格的なチャーハンが食べられるなら、冷凍の方がいい!という感じです。笑

レトルトカレー、レトルト中華丼の具などごはんにかけるもの。
トロっとしたあんかけ系は、飲み込みづらい母でもごはんが食べやすいようなのでよく利用しています。丼ものはがっつり食べたいときにはよいですよね。

他は納豆やめかぶ、とろろで食べる事もあります。

食事作りはがんばり過ぎず手抜きでも良しとする

長くなってしまいましたが、料理は毎日のことなのであまり頑張り過ぎると気持ち的にも滅入ってしまいます。

せっかくおいしくて簡単にできる商品がたくさんあるので、これからは無理をしないでレトルトや冷凍食品に頼って手抜きしていこうと思います。


こちらのそうめんもとても簡単です。

www.asuka-kurashi.com
お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村