おだやかなくらし

親子3世代の暮らしと家計

【節分ごはん】飲み込みが苦手な母にあわせて、今年はちらし寿司にしました。


スポンサーリンク

節分といえば最近は恵方巻を食べるご家庭が多いのでしょうか。

我が家でもここ何年かは、節分には恵方巻を購入して食べていました。

今年は飲み込む力の弱った母にあわせ、ちらし寿司にしました。

 

今年はちらし寿司に

昨年、脳出血を起こした母。

病気の後遺症で、飲み込む力が少し弱くなってしまいました。

それ以前の病気で顔面麻痺を起こした影響で、以前から飲み込みが弱くはあったのですが、今回の脳出血でさらに弱くなってしまったようです。

夫と相談したところ、カットしても太い恵方巻は食べづらいのでは…?という結論になったため、今年は母でも食べやすそうなちらし寿司を選びました。

はじめは自分で作る気でいましたが、夫が「作るの大変だから楽していいよー」とのことで(ありがたい!)お店で購入することに。

購入したのはかっぱ寿司のバラちらし

購入したのはかっぱ寿司のものです。

f:id:asuka-kurashi:20220205105728j:plain


ここ数年、どこの恵方巻も年々豪華になっている気がします。

とても美味しそうで魅力的ではあるのですが、6歳の息子はまだあまり生の魚が食べられず、母には大きすぎることと、のりが嚙み切りづらいので少し食べづらいのです。

結構お値段も張りますよね。笑

ちらし寿司だと恵方巻ほどの価格ではないですし、バラちらしにすれば母や息子でも食べやすいです。

ちらし寿司と一緒に1本だけ恵方巻も購入しました。

f:id:asuka-kurashi:20220205105814j:plain


我が家ではみんなが食べやすいようにカットしてしまいます。

他にはお吸い物とサラダで簡単に。

保育園でも鬼退治

今日は保育園に鬼が来たそうです。

2週間ほど前に、保育園に「節分に行く」という鬼からの手紙が届いてこどもたちは大興奮でした。

みんなで当日どうやって戦うかを事前に考えてきたそうです。

新聞紙を丸めた「紙玉」を投げて、見事撃退したとのこと。

今日保育園へ来た鬼は、

「自分の中にいる鬼が変身したもの。だからその弱い部分をやっつける気持ちで紙玉を投げましょう。」

と福の神様からアドバイスされたようです。

息子の場合は「おこりんぼ鬼」にたくさん紙玉をぶつけて、やっつけてきてくれたようです。

お迎えの際にもいろんなこどもたちが「やっつけたよー!」と教えてくれて、微笑ましい気持ちになりました。

鬼の飾り

f:id:asuka-kurashi:20220205105742j:plain


息子が折り紙で折った鬼です。

こちらは現在利用しているスマイルゼミ【幼児コース】 で折り方を知ったそうで、たくさん折って飾ってくれました。

f:id:asuka-kurashi:20220205105756j:plain


家での豆まきも力いっぱいしてくれて、今年はたくさんの福が来てくれたらいいなと思います。


お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村