おだやかなくらし

育児と介護。ダブルケアでも心地よい生活を目指すブログ

MENU

保育園の卒園式を無事終えました。


スポンサーリンク

息子の保育園の卒園式がありました。


式は感染対策のため卒園児と保護者のみの参加、保護者も1名のみでの開催でした。

両親で参加できないのはとても残念ですが、このような状況でも卒園式を開いてくださった保育園にはとても感謝しています。

園内でも感染者や濃厚接触者がちらほらと出ている中、クラスの1人も欠けることなく卒園式の日を迎えることができて、こんな状況の中で本当によかったなと思います。


証書の授与と将来の夢

式は感染対策のため、登園はいくつかのグループに分かれての登園でした。

わが家は最後のグループでしたが、到着するとかっこいいスーツやスカート姿のおともだちが!

息子はお下がりでスーツをいただいていて、そのスーツを着て登園しました。

そんな姿を見て、みんな本当にお兄ちゃんお姉ちゃんになったな…と実感します。


登園後は親子で写真を撮ってもらい、園児の集合写真を撮影したりで和やかな雰囲気でした。

そしていよいよ式がはじまります。

保育証書の授与ではどのお子さんも大きな声で返事をして、園長先生から立派に証書を受け取っていました。

証書をもらったあとには、それぞれ将来の夢を発表します。

恥ずかしがりやなので緊張しているのではないかと思いましたが、しっかりと発表できていて成長した姿に涙が出ました。

そして息子だけでなく、いままで一緒に息子と遊んでくれ、お迎えの時には私に声をかけてくれたおともだちの姿にもとても感動しました。

こどもたちからサプライズで、親へふきんのプレゼントもありました。

息子が自分で書いたお手紙が添えられていて、「つかってね!」と渡してくれ、嬉しくて涙が…。

4年の登園生活では母が倒れて長期間の入院となり、職場と病院と保育園を行き来するつらい日々の時期もありました。

大変と思うこともありましたが、元気にやさしく成長してくれた喜びを噛みしめています。


コロナ禍で卒園式も開催できるかどうか心配もありましたが、無事に迎えられたことはとても感慨深く、先生方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


保育園生活も残りわずか…

f:id:asuka-kurashi:20220311183726j:plain


こどもたちの成長した姿を見ることができて嬉しい式でした。

残念ながら謝恩会は中止となってしまいましたが、卒園式後も登園するのでもう少しおともだちや先生方とも会えます。

残りわずかの保育園生活、大事に過ごしていきたいです。

遅れている小学校の入学準備も進めていかないと!

www.asuka-kurashi.com

www.asuka-kurashi.com



お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村